【ニュージーランドの有料高速道路 1】ではその大まかな場所などをお話ししましたが、何か足りないと思わなかったでしょうか?
ニュージーランドの有料高速道路なんですが、なんと料金所がありません!

さて、どうやってどの車がこの道路を通ったのかわかるのか?

DSC_0766

有料高速道路上に1か所、上の写真にある一見スピードカメラような機械が設定されています。これが通過する車の画像を撮っています。そのナンバープレートからどこの誰のどういう車かを判断と記録をし、データを作成しています。

余談ですが、夜は青く輝いていてきれいですよ。

では、どうやってお金を支払うのか?

基本的にはオンラインでの支払いを推奨しています。

車を複数台持っているとか、複数の有料道路を使用するといった方はアカウントを作ることもできますが、旅行者の方や頻繁に有料道路を使わないという方は「Pay & Go」が最適な方法です。

支払い方法は【NZ Transport Agency】のサイト上でクレジットカードで決済するか、NZの銀行のネットバンキングが可能な方はそちらで決済することになります。

車のナンバープレートを入力すると、通った日付や時間、料金などが出てきます。

ちょっと待って!現金で支払いたいんだけど・・・?という方もいますよね。

現金での支払いに関しては、残念ながらあまり積極的ではないようです。

以前は有料道路に入る手前に両方向に現金支払機が設置されていました。それも道路を逸れ、車を止め、車から降り、機械のところまで行って支払わなければならないものでした。現在はその機械は撤去されなくなってしまいました。

どうしても現金で支払いたい方、またはネットでカード決済したくない方は、ガソリンスタンドのCaltexまたはBPの指定店で支払うことができます。ただし、この方法だと1決済につき$1.20の手数料が上乗せされるのでご注意ください。

肝心な通行料ですが、それぞれ片道料金となりますが、Northern Gateway Toll Road ノーザン・ゲートウェイ・トール・ロードは$2.30(3.5トン以上の車両は$4.70)、Tauranga Eastern Link Toll Road タウランガ・イースタン・リンク・トール・ロードは$2.00(3.5トン以上の車両は$5.00)、Takitimu Drive Toll Road タキティム・ドライブ・トール・ロード$1.80(3.5トン以上の車両は$4.80)となります。

【NZ Transport Agencyの料金ページ】(英語)も参照ください。

通行後は5日以内に通行料を支払ってください。支払いがないと車の登録者宛に督促状が届きます。この時点で書類作成手数料も請求されます。28日経っても支払わなと延滞遅延料も請求され、それでも支払わないと未払いの罰金として扱われるようになります。ご注意くださいね。

ちなみに、多くの観光客の方にはここからがとても大切です。

レンタカーでこれらの有料高速道を利用した場合もご自身に責任があります。もし払い忘れてご帰国された場合、督促状等はレンタカー会社に届きます。レンタカー会社が延滞料や手数料も負担してとりあえず支払いをしてくれます。

が!

レンタカー会社からNZ Transport Agencyから請求された金額に手数料も追加され、かなり高額な金額を借りる時に使ったクレジットカードにチャージされるようです。くれぐれもご注意くださいね。

注意:2016年7月現在の情報を基にしています。

このサイトの情報は時々チェックして更新していますが、最新情報が気になる方は必ず【NZ Transport Agencyのサイト】でご確認の上ご利用ください。