レイバー・デー Labour Day

毎年10月の第四月曜日は「レイバー・デー」(Labour Day、労働者の日/労働記念日)で、その前の土日と合わせて、通常「レイバー・ウィークエンド」と呼ばれます。

ニュージーランドは世界でも先駆けて1日8時間労働の権利を求めた国のひとつです。レイバー・デーの始まりは1840年、ウェリントンの大工Samuel Parnell(サミュエル・パーネル)氏が一日8時間労働の権利を主張した時にさかのぼります。大工仲間にもこの権利を浸透させていき、この年の10月、この権利は正式に認められることとなりました。

実際にレイバー・デーが初めて「祝われた」のは、その50年後の1890年10月28日のことです。この権利が認められて50年を記念して、何千人という労働組合員やその支援者たちが集まり町をパレードしました。官公庁に努める人たちには、このパレードに参加するために「休み」が与えられたそうです。

この年からレイバー・デーは毎年祝われるようになり、1900年からは祝日となりました。地方によってこの「祝日」は違い統一されていなかったことに不便もあったため、1910年、政府は10月の第四月曜日に定めました。

昔の働く人たちにしたらとても大切な日で、この日を獲得した背景にもいろいろな歴史があるようですが、どの国も似たようなもので、現代のニュージーランドでは単なる「ラッキーな3連休」となっているようです。

このレイバー・デーを過ぎると、ニュージーランドは全国的にクリスマス、そして夏へのカウントダウンが始まります。