ブログ

ニュージーランドの郵便局、おおらか過ぎないですか?

娘の学校の上着をオンラインショップで購入して、それが今日届きました。

娘が通う学校には去年まで制服と文房具類を学校にある売店で買うことができたのですが、去年いっぱいで閉鎖となり、今年から制服もオンラインでしか買うことができなくなってしまいました。いいのか悪いのかはよくわかりませんが・・・

そのオンラインショップでは手渡しを推奨していて、そのオプションを外そうとすると「届かなくても責任を負いませんがよろしいですか」的なメッセージが出てくるくらいです。

で、今日届いた荷物はというと・・・

外に置かれていました。

ま、そんなことはよくあるから、個人的にはそこまで気にしてないのですが。

ただ、上の写真を見て何か気づきますか?

「Signature Required」とあります。届けた時に署名が必要ということです。

いちばん下の方に名前を書く欄と署名をする欄があります。配達員さん、署名もらって持って帰らなくちゃいけないんですよね!?

あらら。以前にも気づいたことは何度かあります。

今はわかりませんが、20年くらい前には、郵送したパスポートが無くなったという日本人の方に2人に会ったことがあります。日本で言うと書留のようなもので送ったにも関わらず・・・です。問い合わせても、「○○まで行った記録はあるけど、そこから先がわからない」ということで・・・

日本の郵便局から段ボール箱の荷物を10箱をニュージーランドの自宅に送ったことがあるのですが、外出から帰ると、玄関の前にズラッと積み重ねておかれていたこともあります。

ちょっといい加減と言えば、いい加減でしょか?

郵便局に限らず、大なり小なり似たようなことはあるような気がします(笑)

笑ってしまうと言えば笑っちゃうし、おおらかと言えばおおらか。

そんな国、そんなお国柄なんだとあきらめれば、気にしている自分がバカみたく思えてきちゃいます。

もちろん、きちんとした人もたくさんいますよ!

そういういろんなことまとめて、やはりいい国だなぁと思うのであります!

ベイオブアイランズは秋晴れ!

ベイオブアイランズは気持ちの良い秋晴れの日が続いています。

我が家の庭の桜の木とモミジも赤く色づいています。

その木々と青い空。

カシャッと1枚。

アオテアロア。

マオリ語で白い雲のたなびく大地と呼ばれるニュージーランドだけあって晴れていても雲も流れている、しかも結構速いスピードで流れていることも多いのですが、こんな真っ青な空はやはり気持ちいいですね。

冬に入ったというのに、昼間はポカポカ陽気のベイオブアイランズでした。

今年もマタリキの季節

写真:Ron Mader@flickr

6月に入ると、ニュージーランドではMATARIKI マタリキという言葉を耳にするようになると思います。

マタリキというのはマオリ語である星のことを指すのですが、その星が現れることによってマオリ族の新年が始まります。

新年の始まる日は年によって違うのですが、今年の新年のはじまりは6月25日だそうです。

なぜ新年が毎年違うのか等マタリキについての詳しい説明は【マタリキ Matariki マオリの新年】をご参照ください。

いろいろな団体がマタリキ・フェスティバル/イベントを行っています。ネットで調べたり、最寄りのインフォメーションセンターに問い合わせたりして、ぜひマオリの文化に触れてみてはいかがでしょうか。